第1研究室
 
       


【ごあいさつ】

 第1研究室「富松城と富松の原風景マップ研究室」へようこそ。
 当研究室の研究成果であるイラストマップは、尼崎探訪家・イラストレーターの井上眞理子研究員が描いたものです。井上研究員はみずから富松を歩き、現在と過去の地図や航空写真、地籍図などさまざまな史料を調べ、さらに地元のみなさんや専門家のアドバイスもいただいて、このマップを作成しました。さきの第2回まちづくりシンポジウムにおける仁木宏先生の講演内容なども、盛り込んでいます。
 さきの「見直そう尼崎の宝、中世の富松城展」では、富松城と富松を愛する多くの皆さんが、原風景や体験などの想い出を、用紙に書いて貼り込んでくださいました。
 当研究室では、こうして作った原風景マップを紹介すると同時に、さらに多くの皆さんに思い出や声を寄せてもらって、マップを充実させていきたいと考えています。
  ぜひ、このホームページを通じて、当研究室の原風景復原作業にご参加ください。



「井上眞理子研究員制作 富松城と富松の原風景マップ」




この研究室への問い合わせは
イラストに寄せられた声
  と:富松城ミステリー
  ま:まだ残っているかな? 昔の富松
  つ:強く言いたい! やさしく言いたい...
  じ:寺院は四つもあります
  よ:よく遊びに来ました。鎮守の森
  う:
(うち)と学校
あなたの原風景や富松城への思いを教えてください!
原風景マップができるまで
  (作者の井上眞理子さんてどんな人?
富松城展示会での原風景マップをめぐるトークから
企画・立案 辻川 敦
(尼崎市立地域研究史料館)
調査・イラストマップ制作 井上眞理子
(尼崎探訪家・イラストレーター)
「声」の分類
掲載確認などの作業 
井上多美子・善見壽男
(富松城跡を活かすまちづくり委員会)
「声」の入力作業 飯島敏子
(尼崎市立地域研究史料館ボランティア)
トークのテープおこしと編集 井上多美子・樋口三好・樋口勝美
(富松城跡を活かすまちづくり委員会)
画像処理
Webデザイン・HTML構築
東朋子・藤本正彦
(NPO法人シンフォニー)
思い出などの調査収集 「声」寄せてくださった、富松城と富松を愛する皆さん



直線上に配置